樹木葬で人気の木「ハナミズキ」

樹木葬で人気の木「ハナミズキ」 近年は墓地の不足や子孫の不在、埋葬後に自然に還れることなどから幅広い年代に樹木葬の需要が高まっています。
樹木葬に使われる樹はあまり大きく育たない低木が好まれ、日本のどの地域でも生態系に悪影響を与えにくいハナミズキやサルスベリ、ウメモドキやエゾアジサイが人気です。
特にハナミズキは春に白や赤の花を咲かせ、秋には赤い実が成り1年中楽しめることで神社や仏閣に多く植えられており、古来から日本人になじみの深い樹でした。
また、キリスト教徒にとってはイエスが掛けられた十字架の樹に使われているなど、様々な宗教に関わりが深いことから樹木葬の樹として選ばれやすい樹です。
花言葉は永続性や耐久性、逆境にも耐える愛、想いを受けてください、などがあり永眠後に安らかな眠りが永遠に続くことや、子孫の想いがつながることなどを願って植えられます。
通常は多くの遺骨を埋葬した場所に墓碑として1本植えますが、1人につき1本植えることもあります。

アジサイが咲く場所での樹木葬の魅力について

アジサイが咲く場所での樹木葬の魅力について 樹木葬を検討される人が多くなっている理由の中には、樹木に囲まれた場所で永遠の眠りに入ることが出来る魅力があるなどが挙げられます。
草花が好きだった人にとって、花が咲いている場所に自分の遺骨を埋葬して欲しいなどと感じることは多く、花が咲いている場所と言っても様々な草花があるわけですから、樹木葬はとても奥が深いとも言えましょう。
アジサイは6月頃から開花する植物、梅雨の定番の花として多くの人々からの人気を集めています。
晴れている時よりも雨が降っている時の方がきれいなどの特徴もあります。
一言でアジサイと言ってもその種類は多数あり、それぞれに特徴を持ちますし、色についても白やピンク、紫やブルーなど色とりどりのものが植えられている場所での樹木葬儀は色あでやかさを感じさせてくれるのではないでしょうか。
しかも、1度植えておけば毎年6月頃には開花するのも魅力的、都内にもこうした花を利用した施設があり、5月下旬頃から7月上旬頃に見頃を迎えます。

新着情報

◎2018/7/15

サイト公開しました

「埋葬 子孫」
に関連するツイート
Twitter

洗骨 東南アジアや九州・沖縄の一部地域で行われている 死者を弔う儀式。一度土葬してほどよい感じになった遺体を 川で骨だけになるまで洗う。 死者を一時埋葬しただけでは死霊のままで危険な存在であるが 子孫に幸福と豊穣をもたらす祖霊となると信じられているそう。

Twitter himananowww 驚愕‼︎民族のあり得ない風習

返信 リツイート 昨日 15:09

洗骨 東南アジアや九州・沖縄の一部地域で行われている 死者を弔う儀式。一度土葬してほどよい感じになった遺体を 川で骨だけになるまで洗う。 死者を一時埋葬しただけでは死霊のままで危険な存在であるが 子孫に幸福と豊穣をもたらす祖霊となると信じられているそう。

Twitter himananowww 驚愕‼︎民族のあり得ない風習

返信 リツイート 8/13(月) 18:09

洗骨 東南アジアや九州・沖縄の一部地域で行われている 死者を弔う儀式。一度土葬してほどよい感じになった遺体を 川で骨だけになるまで洗う。 死者を一時埋葬しただけでは死霊のままで危険な存在であるが 子孫に幸福と豊穣をもたらす祖霊となると信じられているそう。

Twitter himananowww 驚愕‼︎民族のあり得ない風習

返信 リツイート 8/12(日) 21:09

洗骨 東南アジアや九州・沖縄の一部地域で行われている 死者を弔う儀式。一度土葬してほどよい感じになった遺体を 川で骨だけになるまで洗う。 死者を一時埋葬しただけでは死霊のままで危険な存在であるが 子孫に幸福と豊穣をもたらす祖霊となると信じられているそう。

Twitter himananowww 驚愕‼︎民族のあり得ない風習

返信 リツイート 8/12(日) 8:09

RT @okasanman: なぜ、人は「死体」を怖いと感じるのか? 昔は感染症による病死が日常茶飯事で、死体を愛でる習性がある個体は感染して絶滅 死体を怖がって土中に埋めたり焼く個体が自然選択で生き残り、その子孫が我々だから死体を怖がるんだろう 埋葬は本能  https://…

Twitter A1way5Hw33333n わい(新アカになりました)

返信 リツイート 8/11(土) 15:36

洗骨 東南アジアや九州・沖縄の一部地域で行われている 死者を弔う儀式。一度土葬してほどよい感じになった遺体を 川で骨だけになるまで洗う。 死者を一時埋葬しただけでは死霊のままで危険な存在であるが 子孫に幸福と豊穣をもたらす祖霊となると信じられているそう。

Twitter himananowww 驚愕‼︎民族のあり得ない風習

返信 リツイート 8/11(土) 11:08

本家の墓に刻まれていて昨年はじめて知ったんだけど、曾祖父さんも日露戦争へ行ってた。誰もやりたがらない仲間の遺体を重んじ、率先して埋葬していた様。評価に至り勲章を貰ったようだ。亡き祖父もまた第二大戦に行っているが詳しい話は子孫の誰も知らない。逆算して当時アラサーで戦地へ行ってると。

なぜ、人は「死体」を怖いと感じるのか? 昔は感染症による病死が日常茶飯事で、死体を愛でる習性がある個体は感染して絶滅 死体を怖がって土中に埋めたり焼く個体が自然選択で生き残り、その子孫が我々だから死体を怖がるんだろう 埋葬は本能  headlines.yahoo.co.jp/article?a=2018…

洗骨 東南アジアや九州・沖縄の一部地域で行われている 死者を弔う儀式。一度土葬してほどよい感じになった遺体を 川で骨だけになるまで洗う。 死者を一時埋葬しただけでは死霊のままで危険な存在であるが 子孫に幸福と豊穣をもたらす祖霊となると信じられているそう。

Twitter himananowww 驚愕‼︎民族のあり得ない風習

返信 リツイート 8/10(金) 14:09

洗骨 東南アジアや九州・沖縄の一部地域で行われている 死者を弔う儀式。一度土葬してほどよい感じになった遺体を 川で骨だけになるまで洗う。 死者を一時埋葬しただけでは死霊のままで危険な存在であるが 子孫に幸福と豊穣をもたらす祖霊となると信じられているそう。

Twitter himananowww 驚愕‼︎民族のあり得ない風習

返信 リツイート 8/9(木) 17:09